人のためにお金を使うことを心がける【自分に返ってくるのではないか?】

人を笑顔にする

B-SquAdのはゆまな件について!

お金を人のために使うことを心がけています。

そのへんを適当に話すわけだ。

人のためにお金を使うことを喜ぶ

月に口座に振り込まれるお金が会社の給料×2ほどになっています。

税金等を考えて4割くらいのお金を残すようにしていますが、なるべくお金を落とす、というか、お金を使うようにしています。

自分に使うお金は消耗品やご飯くらいですが、自分以外にお金を使うように。

もちろん、見返りを求めているという意識ではありませんが、いつか自分に返ってくるのではないだろうか?と考えています。

数年前に元格闘家の須藤元気さんがTVで言っていました。

「毎日人にプレゼントするようにしている」

スポンサーリンク

読まなくなった本、着なくなった服、もちろん、その人にために買った新品も。

「古いものを手放さないと新しいものが手に入らない」

僕はこの意味を未だにしっかり理解できてはいないものの、少し余裕が出てきた今、須藤元気さんが言っていた言葉を少しずつ実行しています。

人を笑顔にするためにお金を使う

お金を使わず人に喜んでもらうのって結構難しいですよね。

軽快な話術で笑わすこともできないし、お金をかけずに笑顔にすることは僕にはちょっと無理かも。

低額でもいいから人のためにお金を使うようになって、人を笑顔に出来た時、自分も嬉しいんですよね。

今までは「他人にビタ一文出せねぇ!!」と息巻いていましたが、人のためにお金を使って笑顔にすることも悪くないなと感じるようになっています。

スポンサーリンク

まとめ

最近本田圭佑選手がツイートしていました。

なんとなく言いたいことはわかりますが、ある程度お金貯めないと怖くてやっていけねぇw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です